パスポートの申請

海外旅行にはまずはパスポートですよね。

2006年3月からパスポートがIC旅券に替わった事を
ご存知ですか?

パスポートに記載される国籍や名前、生年月日の他にも
パスポート所有者の顔写真も記録してある事が特徴で
今は機械読み取り式であったパスポートもこのICカードで
多くの情報を持つようになったんです。

でもまだ移行段階ですから、機械読み取り式のパスポート
でもビザが必要になったりする事はないです。

でもいずれはIC旅券でないとビザが必要になるかも知れない
ので、機会があれば切り替え申請をしに行きましょう。


●パスポートの申請に必要な書類

その1「一般旅券発給申請書」
これは各都道府県の旅券発給窓口で手に入りますが、
申請用紙には5年用と10年用があるので注意。
(10年旅券16,000円、5年旅券11,000円)

申請者が20歳未満の時は5年のみで10年は発行できません。


その2:「戸籍謄本か戸籍妙本」
これは本籍地の市の役場で発行してもらえます。

本籍地が遠方で遠い場合などは、郵送で取り寄せる事も
出来るので大丈夫です。

ただ戸籍謄本も住民票も6ヶ月以内に発行されたもので
なければダメなので注意してくださいね。


その3:「住民票の写し」
これは今住んでいる市の役場でもらえます。
住基ネットに接続している市町村であれば、住民コードを
用意するだけで問題はありません。


その4:「本人の写真」
6ヶ月以内に撮影したもので、白黒かカラーかは自由。
ただ写真は無地の背景に正面で撮影したもので、
帽子やサングラスなど本人確認に妨げになる写真はNG。

サイズはサイズはタテ45mm×ヨコ35mm。


その5:「身分証明書」
これは運転免許証があればそれでOK。
ない場合は健康保険証と年金手帳か印鑑証明でも大丈夫です。
(これらの場合は1点ではなく、2点必要なので注意)

もし会社の社員証などがあれば、それと健康保険証でもOK.


その6:「受領日を教えてもらうハガキ」
パスポートの受領日を案内してもらうために用意します。
表面に自分の住民票の住所を書いて出せばOKです。


●パスポートの記載に関する注意点
パスポートの申請には署名(サイン)をするんですけど
これはトラベラーズチェックやクレジットカードを使用する時の
確認サインになるので注意しましょうね。
ローマ字でも日本語でも構わないんですけど、
普段すぐに書けるサインにして置かないと
後で困る事にもなるので、気を付けてくださいね。


●パスポートの受領について
パスポートの受領時には必ず本人が行かなくてはなりません。
この時に持参するのは、申請時にもらった受領書と送られてきた
ハガキ、それと印紙を買うためのお金。

印紙は申請所の近くの売り場でも売っているので用意しなくても
大丈夫ですよ^^


●パスポート期限による切り替え申請
パスポートは二重申請出来ないので、有効期限が残っている
パスポートがある場合は前のパスポートを持って切り替え申請しましょう。

パスポートを持っていても申請には新規の場合と同じように書類を
用意しないとダメなので準備しておきましょうね。

アクセスが多い人気の記事BEST3
・海外旅行でクレジットカードは二枚持とう!
・言葉が通じないのがコワイ方へ
・旅先の生活様式や文化を知っておく

関連エントリー


 
Copyright © 2007~2010 海外旅行の持ち物は?海外旅行準備ガイド. All rights reserved